PM・PLのためのソフトウェア品質管理者入門セミナー(全3日) [集合教育]

各プロジェクトでシステム開発に携われているエンジニアの方を対象として、システムのテスト業務を進めるにあたり品質向上とテスト業務へのモチベーション向上に向けた目標意識の育成を主な目的に3日間の講座を用意いたしました。
また、本講座の前にディスカッション・テーマを与え、講座の最後にテーマに沿ったディスカッションを行うことで受講者が現場業務で感じている「問題点」や「悩み」を課題として顕在化し、以降の改善

プログラム(1)  「ソフトウェアテストの計画と品質マネジメント」

  • Ⅰ.ソフトウエアテストの計画とは?

    1. テスト計画はなぜ必要なのか?
    2. テスト計画とはどのようなものか?
    3. テスト計画はいつ策定するか?
    4. テスト計画の維持とメンテナンス
  • Ⅱ.テスト計画の内容

    1. テスト対象の明確化と分析
    2. 入力品質と目標品質の設定
    3. 品質向上シナリオの策定
    4. テストケースの想定と設計技法の選択
    5. 管理指標と管理水準の設定
    6. テスト規模の想定と見積り
    7. スケジュールと体制、資源の手配
  • Ⅲ.テスト計画作成基礎演習(グループ演習)

    1. グループ分け
    2. 演習向けテスト対象の設定
    3. 品質向上シナリオ策定
    4. 機能テスト工程の計画
    5. 各グループの発表と意見交換
  • Ⅳ.テスト計画の善し悪しとは

    1. テスト計画に実現可能性があるか
    2. テスト計画の阻害要因とは
      • 品質目標の妥当性
      • 品質指標の十分性
      • テストケースの不備
      • テスト実施者のスキル
      • マネジメント・ルールの不徹底
    3. テスト計画とテストマネジメント
    4. テスト計画の改訂
  • Ⅴ.テストマネジメントとは何か?

    1. テストマネジメントの目的
    2. マネジメントすべきものは何か
    3. QCDバランスの考え方
    4. テストマネージャに必要なスキル
  • Ⅵ.テスト計画は品質マネジメントのために

    1. テスト効率の向上
    2. 品質方針と標準
    3. テストプロセスとマイルストーン
    4. アウトソーシングとテスト計画
  • Ⅶ.受講理解度テスト

  • Ⅷ.テーマディスカッション

    1. テーマ: テストを最も失敗させるための方法とは?

プログラム(2)  「ソフトウェアテストの結果の分析と対策技法」

  • Ⅰ.ソフトウエアテスト結果の分析とは?

    1. テスト計画報告書(結果報告書)の内容
    2. テスト計画と結果分析の関連
    3. 予実分析
    4. 品質目標達成度の分析
    5. バグ分布
    6. 稼働後のリスクの分析
    7. テスト結果分析→品質分析
  • Ⅱ.品質分析の基礎練習

    1. 弱点分析の練習問題
    2. 傾向分析の練習問題
  • Ⅲ.品質分析対象となるテストの結果

    1. ISO9001/2000 以降の品質定義
    2. テスト計画
    3. テストケース
    4. テストプロセスとテスト進捗
    5. バグ(不具合)発生
    6. 目標達成度(品質進捗)
    7. テスト効率
    8. テスト担当者のスキル
    9. 開発プロセスについて
  • Ⅳ.テスト結果分析の方向性

    1. 静的分析と動的分析
    2. フィードバックとフィードフォワード
    3. 人材、資源、プロセス
  • Ⅴ.品質分析の具体例と品質向上対策

    1. 静的分析の具体例
      • テスト密度
      • バグ密度
      • 機能別バグ分析
      • 発生原因別バグ分析
      • その他の分析
    2. 動的分析の具体例
      • 信頼度成長分析
      • h4B曲線分析
      • 残存バグ推定推移分析
      • 瞬間バグ発生率推移分析
      • 本来除去工程別バグ分析
  • Ⅵ.品質向上対策の具体化のために

    1. バグ解決コストを明確化する
    2. 開発プロセスによる対策
    3. テストプロセスによる対策
    4. アウトソーシングによる対策
    5. ツールや資源による対策
    6. スキルアップや教育による対策
    7. 標準や方針の見直しによる対策
    8. 関係者によるポストモーテムの勧め
  • Ⅶ.受講理解度テスト

  • Ⅷ.テーマディスカッション

    1. テーマ: 自分にできる品質向上対策の限界はどこか?

◆受講対象

本セミナーは、ソフトウェアテストケースの作成もしくは開発プロジェクトで3年程度経験を 持った技術者、及びシステム開発プロジェクトの管理者(PL、PM)の方であれば受講可能です。

◆受講にあたって必要な予備知識

ソフトウエア開発における基本的な設計・製造(プログラミング)知識及びテストの概念やテストプロセスの基本的な知識を持っていること。

◆このセミナーを受講するとどこまでの知識が習得できるか

テストケースの作成に関するセオリー、テストケースによるテスト効率化の概念とポイントを理解すると共に具体的な方法を習得することができます。

◆テキスト・資料について

パワーポイント約100ページと事例付録資料をテキストとしてハードコピーで提供します
また、演習終了時には回答例を配布し、理解を深めていただきます。

◆定員

10名~15名を目安とさせていただきます。

◆当日使用する機材

  • PC、プロジェクター、ホワイトボード
  • 各自演習回答に使用する白紙もしくはノートと筆記用具をお持ちください。

*演習実施用に各自のPC(MS-Excel)とプリンタの使用が可能であれば尚良し。

ソフトウェア開発エンジニアのための実践的テスト・品質管理技法セミナー(全3日) [集合教育]

今日の企業向けシステムの開発では、そのプロジェクトに割り当てられた限られた期間とコストの中で要求仕様に基づく高い品質を実現する必要があります。また、システム開発を担当したエンジニア自らが効果的なテストを立案し実施しなければなりません。このためにはシステム開発に携わるエンジニア全員が高い品質意識を持つと共に高度なテスト技法を習得しておく必要があります。

本セミナーでは、システム開発エンジニアが持つべき品質意識と、テストケース設計時に活用すべき基礎技法を理解した上で、それを用いたテストケースの作成やテスト管理の手法、ツールの活用などについて演習を交えながら解説します。

〔本セミナーの目標〕

  1. システムの品質を広く捉えて多角的な視点で品質管理や品質評価ができるようになる。
  2. 設計技法を活用したテストケースの作成ができるようになる。
  3. テストしやくす品質の高いシステム設計が行えるようになる
  4. バグ管理や分析、バージョン管理を通じた品質向上が行えるようになる。

〔プログラム〕

  • Ⅰ.システムの品質とは何か

    1. システム品質の3大要素
    2. ISO/IEC9126によるソフトウェア品質
    3. ISO/IEC20000によるサービスレベル品質
    4. ISO9001/2000以降に注目される開発プロセス自体の品質
  • Ⅱ.システム開発エンジニアが行う「テスト」の位置づけ

    1. バグを作らないことが最も重要
    2. デバッグとテストの違い
    3. バグを駆除する方法としてのテスト
    4. 品質を可視化する方法としてのテスト
  • Ⅲ.システム開発プロセスにおけるテスト工程

    1. Wモデルにおける品質管理工程の定義
    2. テスト工程とテストプロセス
    3. バグの追い込むためのプロセス
  • Ⅳ.テストケースを設計するための基礎技法(理解度テスト)

    1. 境界値テスト法と同値分割
    2. 制御パステスト法と網羅基準
    3. デシジョンテーブル
    4. 基礎技法理解度テスト
  • Ⅴ.テストケースの設計(演習あり)

    1. プログラム内部をテストする(ホワイトボックス・テスト)
    2. プログラムを外部からテストする(ブラックボックス・テスト)
    3. グレーボックス・テスト
  • Ⅵ.テスト容易性の追求

    1. テスト容易性とシステム品質
    2. テスト・ファーストへの取り組み方
    3. テストとレビューの関連
  • Ⅶ.開発目的に応じたテスト内容の必要(演習あり)

    1. 開発目的とテスト内容の関連
    2. 新規システム開発時のテスト内容を考える
    3. リファクタリング開発時のテスト内容を考える
    4. バージョンアップ開発時のテスト内容を考える
    5. グループ演習
  • Ⅷ.テスト実施中の品質管理

    1. テストの進め方とシステム品質の関係
    2. バグの管理と分析
    3. バージョン管理/構成管理の進め方
  • Ⅸ.開発エンジニアが活用すべきテストツールの紹介

    1. バグ管理用無料ツール :Mantis
    2. 自動テスト実行ツール :Selenium
    3. バージョン管理ツール :Subversion
  • Ⅹ.ソフトウェアテストの資格試験の紹介

    1. ITSSと情報処理技術者資格におけるテスト技術
    2. テスト技術者向けの資格試験

◆受講対象

  • 基本的なプログラム開発およびシステム設計の知識、およびテストの概念やテストプロセスの 基本的な知識を持っている方
  • C/SもしくはWebなどのアーキテクチュアに基づいたシステム開発経験のある方
  • 自分もしくは他者が作成したプログラムについて、デバッグや単体テストを行った経験のある ソフトウェア開発技術者の方
  • システム開発エンジニアが行うべきテストについて学びたい方

◆テキスト・資料について

講義に用いられるデータをテキストとしてハードコピーで提供します。 また、演習終了時には回答例を配布し、理解を深めていただきます。

◆定員

10名~15名を目安とさせていただきます。

◆当日使用する機材

  • PC、プロジェクター、ホワイトボード
  • 各自演習回答に使用する白紙もしくはノートと筆記用具をお持ちください。

*演習実施用に各自のPC(MS-Excel)とプリンタの使用が可能であれば尚良し。